まちなかブログ | 飯田まちなか情報

信州飯田の中心市街地「丘の上」情報ポータルサイト
お問い合わせメール

まちなかブログ

5/12 ミュージアム・シネマ・サロン 「友達の恋人」
2010年度第2回ミュージアム・シネマ・サロンヌーベルヴァーグ特集3
(追悼・ロメール特集1)



エリック・ロメール監督が手掛けた連作「喜劇と格言劇場」第6弾。恋に臆病な女性・ブランシュはたまたま知り合った女子大生・レアとプールに出掛けることに。そこで彼女の友人・アレクサンドルに出会ったブランシュは、次第に彼に惹かれていき…。


○日時
 5月14日(金)午後7時20分

○会場
 川本喜八郎人形美術館2階映像ホール
 (長野県飯田市本町1−2)

○上映作品
 『友達の恋人』

○予約開始
 4月30日(金)〜鑑賞会当日午後3時まで

○料金
 資料代(実費)として 一般=300円 イイダウエーブ会員=無料

○予約受付
 イイダウエーブ事務局 
 電話 0265-21-1212
 FAX 0265-21-1252 及び メールアドレス 
 Mail iidawave@machikan.jp
映画 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0)
映画館センゲキシネマズにデジタルシアターとコミュニティスペースがオープン
飯田市中央通り一丁目にある映画館「センゲキシネマズ」は、3D上映が可能なデジタルシネマシアター「シネマアウル」新設しました。空き店舗を改装し、85席のシアターとともに誰でも入りくつろげるコミュニティスペースが誕生。
3月25日には、同シネマのこけら落としとして弁士の語りによる無声映画「血煙り高田の馬場」など3本の名作を招待客に上映しました。これからも定期的に映画イベントなどを企画していくそうです。
センゲキシネマズhttp://www.sengeki.co.jp/



映画 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0)
3/12 ミュージアムシネマサロン 「アルファヴィル」



『アルファヴィル』(1965/フランス/モノクロ/100分)

○監督
 ジャン=リュック・ゴダール

○出演
 エディ・コンスタンテョーヌ/アンナ・カリーナ

○物語
 探偵レミー・コーションが星雲都市アルファビルに潜入する。そこはアルファ60という巨大コンピュータが人間 の感情までも支配する世界であった。コーションは涙を流す人々のために戦いを挑む。

○解説
 映画史上最も前衛的でかつPOPな映像を作り続けているゴダール。その彼の絶頂期に作られたSF活劇映画であり、また唯一の娯楽作品。とはいえゴダール映画、独特な映像と語り口に映画の迷宮に入り込んでしまうだろう。

◆予約開始:3月1日(月)〜鑑賞会当日午後3時まで


▼開催日時
 3月12日(金)午後7時20分

▼会場
 飯田市川本喜八郎人形美術館2階映像ホール ※完全予約制
 (長野県飯田市本町1丁目2番地)

映画 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0)
2/12 ミュージアムシネマサロン  「最後の晩餐」
市民団体イイダウエーブ主催「ミュージアム・シネマ・サロン」の2月上映会が12日に行われます。 

2月の上映作品は、マルコ・フェレーリ監督の「最後の晩餐」。

定員50名。完全予約制ですので、お早めにイイダウエーブ事務局へお申し込みください。

ミュージアムシネマサロン 「最後の晩餐」

 ■日時:2010年2月12日(金) 19時20分上映(19時開場)

 ■会場:川本喜八郎人形美術館2F 映像ホール
     飯田市本町1−2

 ■上映作品:「最後の晩餐」(1973年/130分/フランス・イタリア/カラー)
        監督:マルコ・フェレーリ
         ※DVD 日本語字幕付上映

 ■予約受付:2月1日(月)〜鑑賞会当日午後3時まで

 ■完全予約制(定員50名)
  予約受付窓口:イイダ・ウエーブ事務局
         http://www5.ocn.ne.jp/~mits/index.html
  (電話:0265-21-1212 FAX:0265-21-1252)
※氏名、イイダウエーブ会員の方は会員番号をお申し出ください

■料金(資料代/実費):イイダウエーブ会員は無料、一般300円

 ※ご注意:美術館では予約受付を行っておりません
映画 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
1/8 ミュージアム・シネマ・サロン 「バルカン超特急」
1月8日開催のミュージアムシネマサロンの予約受付中です!



【概要】
作品名:『バルカン超特急』
(1938年/イギリス/モノクロ/98分)

○会場
 飯田市川本喜八郎人形美術館2階映像ホール
 (長野県飯田市本町1丁目)

○開演
 午後7時20分

○資料代(実費)
 一般 300円/イイダウエーブ会員 無料

○予約
 完全予約制
 予約受付:平成21年12月21日(月)〜鑑賞会当日午後3時まで
 イイダウエーブ事務局 tel:21-1212


【解説】
『裏窓』(1954)『北北西に進路を取れ!』(1959)『サイコ』(1960)などで知られるサスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が母国イギリスで撮った中期の代表作。
列車を舞台にしたサスペンス映画の古典的名作である。
緊迫の内容ながらユーモアを随所に用いるヒッチコックの職人芸が冴える。
この作品の成功で、ヒッチコックはハリウッドに呼ばれ、世界的映画監督として飛躍することとなった。


【物語】
時は第二次世界大戦勃発直前の1938年。
独身最後の休暇をヨーロッパで過ごしたイギリス人令嬢は、帰国途中の列車の中で同室の老婦人がいなくなったこと
に気づく。
その時点で彼女は国際的諜報戦に巻き込まれていたのだった。彼女の運命やいかに...。

【スタッフ&キャスト】
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:エドワード・ブラック
原作:エセル・リナ・ホワイト
脚本:シドニー・ギリアット
撮影:ジャック・コックス
音楽:ルイス・レヴィ

出演:マーガレット・ロックウッド
   マイケル・レッドグレーヴ
   ポール・ルーカス
   グーギー・ウィザース
   リンデン・トラヴァース
   メイ・ウィッティ
映画 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0)
11/18 第5回キャンバセッション
テーマ 「南信州の光と影」
話題提供 ゲスト 河原  俊文 (ジャーナリスト)

第1回「まちづくりって、一体何だろう」、第2回「飯田・下伊那の魅力とは」、第3回「飯田・下伊那は大好きか」、第4回「まちづくりの楽しみと苦しみ」に続き、今回は「南信州の光と影」について、徹底討論する。

(ゲスト紹介)
南信州新聞記者として、活躍中。本人の弁「取材を通じて感じることを、紙面に反映している「光」と、していない「影」の両面からお話ししたいと思います。」

(内容)
1 話題提供
2 ミニコンサート
3 わいわい、がやがや個別トーク

日時:11月18日(水) 19:00から

会場:CANVAS(長野県飯田市知久町2−1)

参加費:1,000円(ワンドリンク、おつまみ付き)

事前申し込み不要

定員:40名(先着順)

主催:CANVAS 筺0265・52・3620
   しんきん南信州地域研究所 筺0265・59・7701
映画 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0)
Cinema WAVE IIDA 映画鑑賞会 「ミツバチのささやき」
1940年代のスペイン内線後に、小さな村にやってきた映画「フランケン・シュタイン」。
その映画に魅せられた主人公アナの日常と小さな冒険を詩的に描いた作品。
主人公を演じるアナ・トレントの純粋無垢な澄んだ瞳が印象的です。



○上映期間
 2009年10月24日(土)〜30日(金) *木曜休館

○会場
 センゲキシネマズ(長野県飯田市中央通り1−5)
 Tel 0265-22-1070

○上映時間
 16:00〜/19:00〜

○料金
 IIDA WAVE会員=無料(郵送される専用チケットをご持参ください)
 一般=1,800円

 ※IIDA WAVE とは

○作品紹介
 「ミツバチのささやき」(1973年/1時間45分/スペイン/カラー)
  監督:ビクトル・エリセ
  出演:アナ・トレント/イザベル・テリェリア



スペインの映像詩人とも言われるビクトル・エリセのデビュー作。
製作はエリアス・ケレヘタ、脚色・脚本はアンヘル・フェルナンデス・サントスとビクトル・エリセ、撮影はルイス・カドラード、音楽はルイス・デ・パブロ、編集はパブロ・G・デル・アモが担当。


映画 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0)
Cinema WAVE IIDA 映画鑑賞会 「ミツバチのささやき」
 

1940年代のスペイン内線後に、小さな村にやってきた映画「フランケン・シュタイン」。
その映画に魅せられた主人公アナの日常と小さな冒険を詩的に描いた作品。
主人公を演じるアナ・トレントの純粋無垢な澄んだ瞳が印象的です。

○上映期間
 2009年10月24日(土)〜30日(金) *木曜休館

○会場
 センゲキシネマズ(長野県飯田市中央通り1−5)
 Tel 0265-22-1070

○上映時間
 16:00〜/19:00〜

○料金
 IIDA WAVE会員=無料(郵送される専用チケットをご持参ください)
 一般=1,800円

 ※IIDA WAVE とは

○作品紹介
 「ミツバチのささやき」(1973年/1時間45分/スペイン/カラー)
  監督:ビクトル・エリセ
  出演:アナ・トレント/イザベル・テリェリア

スペインの映像詩人とも言われるビクトル・エリセのデビュー作。
製作はエリアス・ケレヘタ、脚色・脚本はアンヘル・フェルナンデス・サントスとビクトル・エリセ、撮影はルイス・カドラード、音楽はルイス・デ・パブロ、編集はパブロ・G・デル・アモが担当。

 
映画 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0)
9/20 オーケストラ・ライブ・シネマ 開催のお知らせ
〜サイレント映画とオーケストラの饗宴〜 


◇犬の生活 


◇キッド

チャップリンのオリジナル曲はもちろん、効果音に至るまでフル・オーケストラが生演奏!
作曲家としても才能を発揮したチャップリンの名作がリアルに甦ります。

無声映画の映像はそのままに、スクリーン前に配されたオーケストラが音楽と効果音をリアルタイムで演奏しながら上演します。
齊藤一郎指揮、京都市交響楽団のリアリティあふれる演奏でお楽しみください。

▼日時
 2009年9月20日(日) 開場14:30 開演15:00

▼会場
 飯田文化会館ホール

 指揮:齊藤一郎
 演奏:京都市交響楽団

<上演作品>
犬の生活(A Dog's Life)  1918年公開 白黒無声映画
 放浪者チャーリーとそこに自分の姿を重ね合わせた野良犬との共同生活。
 笑いの中に貧困の辛さと、哀愁を感じさせるという、チャップリンの演出スタイルを確立させた作品。

キッド(The Kid)  1921年公開 白黒無声映画
 捨てられた赤ん坊を成り行きで育てることになったチャーリー。
 そして5年、少年とチャーリーは実の親子以上の深い愛情で結ばれていたのだった。
 チャップリンはもちろん、少年役のジャッキー・クーガンの名演が感動を呼ぶ名作。


チケット好評発売中!!  [全席指定]
一般 5,000円 / シニア(65歳以上) 4,500円
チャップリン席(2階後方) 2,500円

※未就学のお子さまはご入場できません。託児コーナー(無料・予約制)をご用意します。ご希望の方は、9月11日(金)までに飯田文化会館事業係までお申込みください。


◇京都市交響楽団


◇指揮:齊藤一郎

▼問い合わせ
 飯田文化会館
 長野県飯田市高羽町5−5−1
 電 話:0265−23−3552(代表)
映画 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0)
9/13 美博映写会「過去の天龍峡」
過去の天龍峡の映像をご紹介します。



▼日時
 9月13日(日) 午後1時30分〜

▼会場 
 飯田市美術博物館 2階講堂
 長野県飯田市追手町2-655-7

▼聴講料
 無料

▼問い合わせ
 飯田市美術博物館
 TEL.0265-22-8118
 FAX.0265-22-5252
映画 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/5ページ | >>
最新!まちなか情報
カテゴリ
月別アーカイブ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
リンク
お問い合わせ