まちなかブログ | 飯田まちなか情報

信州飯田の中心市街地「丘の上」情報ポータルサイト
お問い合わせメール

まちなかブログ

<< リニア飯田駅を考える会の資料紹介 | ブログホーム | 結いターンお盆特別相談会の開催について >>
リニア長野県中間駅候補地発表。現駅併設を求める地域の意見を取り入れず!
8月5日JR東海はリニア中央新幹線の長野県内中間駅の候補位置案を提示する会見を行いました。
会見を行ったのは専務の金子慎氏と取締役の宇野護氏。
候補地案は、飯田市座光寺の元善光寺駅―高森町下市田駅付近のエリアで、飯田市や南信州広域連合が求める現飯田駅併設は取り入れていません。
理由として、現駅併設の場合500億円から600億円の工事費増が生じるとしています。

現駅併設の場合には、既存インフラが活用でき、JR飯田線や高速バス等へのアクセスが極めていいことから、長野県民負担は少なくて済みますが、JRの今回の提案では、数十億円もの県民負担の増が強いられることになります。(南信州アルプスフォーラム調査。)さらに飯田現駅と同じようなアクセスの利便性を追及すれば、さらに数百億円の負担も発生する可能性があるという声もあります。
今後は、魅力と活気ある地域づくり、健全な国土形成という広い視野を持った協議により、トータルな視点での経済効果を検討しながら、JRと地元県民の経費負担等を軸に協議が進めることが求められます。

(T)
リニア | 09:33 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
飯田市民ですけど、誰が「現駅併設が飯田市民の総意」と嘘を決めたんです?
勝手に決めつけないでくれます。
じきに終わる飯田現駅併設での利益より、座光寺・高森町に作る事による外資などの長期に渡る経済効果のほうが圧倒的に将来のためになるとも、考えられますけど。

長野県内のルート選定の時は「Bルート」をごり押しした諏訪や伊那の方達を見て、どう思いました?
南アルプス直線Cルートが確定したら、飯田駅の位置を街中の住宅や商業地が立ち並ぶ、場所へ作って欲しいと、ごり押し。
やっている事は同じと思います。

飯田駅現駅併設では、上伊那から北の方々は、山梨や岐阜の駅を使う方が速く東京や名古屋へ行けます。
飯田の丘の上にも反対派がいることをご承知置きください。
きん | 2011/08/08 8:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iida-machinaka.com/trackback/1320836
トラックバック
最新!まちなか情報
カテゴリ
月別アーカイブ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
お問い合わせ